腰痛の原因

要するに「腰痛が出るほどに背骨がゆがみ神経が牽引されている。」のです。

 

現代医学では、骨の歪みがどういう症状を引き起こすのか、はっきりと述べられている理論はありません。とくに仙骨(仙腸関節)という骨盤の中心にある背骨の土台の骨は、解剖学上動かない、あるいはほとんど動かないとされているので、X線撮影やMRIでどんなに歪みが見られても無視されます。しかし、腰痛を訴える方の仙骨を見ると、必ず歪みがありX線撮影やMRIにもハッキリと写っています。反対に仙骨の歪みがなければ、痛みはありません。

 

現代医学では神経が圧迫されることによって痛みやしびれが出ると言われています。代表的な例がヘルニアです。椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間にある椎間板の中にある髄核が飛び出した状態のことです。これが神経を圧迫し、痛みが出ると言われています。

 

ただ、実際にヘルニアが出て神経を圧迫していても症状が全く出ていない場合や、ヘルニアで神経を圧迫している反対側に症状が出るケースも多数確認されています。ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などの手術をおこない、神経圧迫を解消したものの、同じ症状に悩まされる人もいます。これらのことから神経の圧迫だけでは痛み、伝達異常の原因を説明できないと言えます。背骨コンディショニングでは

 

神経が圧迫されて異常が起こるのであれば、神経が引っ張られても異常=痛みが起きると考え、(具体例=左に斜転又は右稔転すれば引っ張られた右側の神経が痛む。など)神経の痛みは背骨コンディショニングのレッスンや矯正の時に簡単な検査でわかり、運動や矯正で骨が正常な位置になればその場で痛みが軽減するのを実感できます。

 

仙骨が後方変位することで、腰椎の前弯が少なくなり、バランスをとるために頭や肩が前方移動して、胸椎を丸めて(代償姿勢)、鎖骨(胸鎖関節)や肋骨(胸肋関節)が内側に変位してしまいます。したがって、腰の手術や腰のズレだけなおしても腰痛は治りません。ですから、痛みがでる程歪んでいる腰椎と仙骨を矯正し、背中の丸みと鎖骨(胸鎖関節)や肋骨(胸肋関節)も矯正しなければなりません。

 

このような歪みが長い期間におよんでいると関節は固まってしまい矯正もままならない方もいます。ので、緩める運動=ROM運動も必要になってきます。

 

そして、そもそも骨が歪むのはなぜかと言うと、骨を支える筋力が弱いからです。お尻の筋肉である大殿筋や背骨を支えるための多裂筋・脊柱起立筋(棘筋、最長筋、腸肋筋)が少ないと仙骨は後ろにズレます。ですから骨がずれないように、これらの筋力を強化する必要があります。

 

まとめると腰痛を治すには

 

・固くなった関節と神経をゆるめる

 

・ゆがんでいる関節、骨を矯正する

 

・正しい骨の位置を維持するために筋力をつける

 

必要があるのです。

546-0043 大阪市

東住吉区駒川1-8-22

北田辺駅前マンション1階

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当院は完全予約制です

06-6714-6569

 完全予約制です。根本から治療したい患者様一人一人に本気でじっくり向き合うため、完全予約制とさせて頂いています。お電話してからお越しください。往診・外出していることがあります。

月曜日   9:00-20:00 

火曜日   9:00-18:30 

水曜日   9:00-20:00 

木曜日   9:00-20:00 

金曜日   9:00-20:00 

土曜日   9:00-15:00

※日祝は予約すれば施術可能です。